Home > i-Checkerが選ばれる理由

i-Checkerが選ばれる理由

i-Checkerのココがスゴイ!

小型でありながら据え置型以上の高性能で効率的

高額な据え置型は数多く設置ができないから台数が少ないので、出庫、帰庫時にドライバーと管理者へ無駄な時間を浪費させることになり不経済。
小型で低価格のi-Checkerをローカル用として事務所に複数置くことで、すぐに点呼が完了し、問題が解決します。

低価格! クローズドブローで記録式

クローズドブローで記録式は最低でも80,000円~400,000円
クローズドブローの場合、呼気をダイレクトにセンサーへ送り込むことが可能なため正確で確実な測定が出来ます。
オープンブローの場合は吹きかける位置や強さで毎回数値にバラツキがあり、呼気1L中に含まれるアルコール濃度を正確に測定することはできません。

※ クローズドブロー方式
  マウスピースや管を使い、外気を経ることなく直接センサーへ呼気を送り込む方式
※ オープンブロー方式
  口から少し離した状態でセンサーへ息を吹きかける方式で、吸い込んでも測定してしまう

クローズドブロータイプでこの価格はあり得ない!

SDカード(FT-001、FT-001A)又は、本体内蔵メモリー(FT-003)で 日付、時間、データーの記録・保存ができる

FT-001、FT-001AはSDカードで記録をするので、本体がなくてもPCへの記録が可能。
あわただしい出庫時、帰庫時でも、ドライバーは測定後、SDカード(自分専用に登録された)を管理者へ渡すだけ、管理者は後ほどまとめてPCへ記録を行なうことができます。
FT-003は本体内蔵メモリーに3,000件のデータを記録する事ができ、5名のドライバーを登録した場合600件のデータを記録する事が出来ます。
複数台のご使用で出庫時も短時間で点呼が終わります。
いままでなかった。据置でも携行でも使用可能な記録式! 日本初!

小型で携行ができ、出先でも記録保存が可能

対面点呼が行えない場合でも日付、時間、データを運転者毎にしっかり記録。
i-Checkerならではの高機能です。

専用管理ソフトが無料で付属

運転者毎・日時毎・NG者毎とPCで一括管理、必要なデータ毎に閲覧・印刷が可能。
余分な出費もありません。
i-Checkerならではのコストパフォーマンスを実現!

パソコンで、日付、時間、運転者毎にデータの一括管理が可能

ソフトは簡単操作。必要なデータ毎に閲覧・印刷が可能。
今までのように対面点呼時に手書きで数値を書き込んだり、印字されたものを張り付けたりする必要はありません。膨大な量の紙での記録保存から解放されます。
運行管理者の業務負担を大幅削減!

社内安全風土の確立 測定中と検知結果をそれぞれ音で 確認可能。
(FT-001A FT-003)

測定中とアルコールを検知した場合と、それぞれの音の違いで確認することが出来ます。
また、電話の受話器を通じても相手先のチェッカーのブザー音が明確に聞くことができます。
これで、電話点呼並びに外出先での測定中(きちんと測定しているか)と測定結果 (アルコールを検知したか否か)も電話を通して音で確認する事が出来るので、ドライバーは必ずアルコールチェックを行わねばならなくなり、社内安全風土を強化することが出来、ドライバーの安全意識の向上にもつながります。

呼気検知用センサーを搭載し吹きかけエラーの判定を行います

計測中に呼気が、強さ時間共に正しく吹きかけられているかを音で知らせて「エラー判定」を行い不正検知を防止。
他社のアルコールチェッカーにおいては、吹きかける強さや時間で数値はバラバラで誤検知が非常に多く、振ったり、吸い込んでも0.00mg/Lで検知します。
高性能センサーで誤測定を防止! しかもエラー判定をお知らせする機能もあります。

使用回数期限を音と表示でお知らせ(FT-001A FT-003)

本製品の使用期限(精度保証)は、ご購入後1年間又は3,000回使用のどちらか早い方ですが、測定回数期限を見逃さないように、使用回数期限が近づきますとブザーと表示でお知らせすることで、常時有効保持義務違反を防止します。

アフターフォロー(定期点検・メンテナンスサービス)

アルコール検知器は、必ず1年もしくは使用回数(通常3,000回程度)のいづれか早い方で、センサー交換及び
メンテナンスを行います。
(お知らせ機能付き)センサーは精密機器です、交換すると機器の精度の確認の為、アルコールシミュレーターによって2度検査を行う必要があります。
まず交換後、専用の検査機器で正確な数値を示しているかの検査を行います。
そしてしばらく清浄な空気にさらして(最低20日以上)再度検査を行います。
「これを怠る会社の製品はまがいものということです」
弊社は、お買い求め頂いたお客様へは、センサー交換時における製品の無い期間や交換作業に伴う無駄な時間をかけない為に、定期点検は、新品との製品交換を行うように致しました。
またその際、新品と同じように再度1年間の製品保証もお付けしております。
定期点検後も常に新品の状態で安心してご使用していただけるのはメルモの製品だけです。
「定期点検費用 (FT-001 8,000円 税別)、(FT-001A 12,000円 税別)、(FT-003 14,000円 税別)」
センサー交換できないメーカーの物は最長1年もしくは使用限度の回数で廃棄せざるをえません。

もし、センサー交換できる製品でも他社の場合、本体の保証はおおよそ1年で無くなります。
使用限度を超えたアルコール検知器は正確に検知することができないのでご注意ください。
もし、取扱い説明書や製品保証書に記載されている期限を超えて使用された場合や、アルコール検知器の故障の有無及び、有効期間を確認しない場合は行政処分の対象になります。
アルコール検知器の常時有効保持義務違反→初違反20日車 再違反60日車
ここ重要! アフターサービス万全で、いつでも高精度なままお使いいただけます。

このページのTOPへ戻る▲